日焼けを防止する方法

日焼けを防止する方法

日焼けを防止する方法 一般的なインクジェットプリンターは染料インクを用いており、印刷物が紫外線に反応して日焼けを起こす特性を持っています。
そのため、屋外に広告やチラシ等を掲示すると劣化が起こってしまうことがあります。
長期にわたって屋外に印刷物を貼る場合、顔料インクを用いているインクジェットプリンターを使用することが必要です。
顔料を用いた場合、染料を用いているポスターに比べて比較的紫外線の影響を受けにくく、日焼けや写真の色あせなどを防止することができるのです。
また、染料を用いているプリンターの場合でも、UVカットフィルムを使用することで日焼けを防止することができます。
UVカットフィルムで印刷物のラミネートを行うと、インクを変質させてしまう紫外線をカットすることができます。
染料を用いたインクジェットプリンターやUVカットフィルムを用いることで、紫外線によるインクの色あせや画像の劣化を防ぐことができ、広告やポスター等の鮮やかさや読みやすさを長期にわたって維持することができるのです。

インクジェット印刷の色抜けを防止する方法

インクジェット印刷の色抜けを防止する方法 モノクロやカラーなどでコピーをしても、色抜けしてしまってうまくいかないことはよくあります。
原因はインクジェットが残り少なくなってしまったり無くなってしまうことでこのような事が起こります。
色抜けを防止するためには予備のインクジェットを用意しておいて、なくなったらすぐに交換する事で解消されます。
またインクの量がいっぱい入っていたとしても、古いものだと表面が固まって出てこない状態になります。
そうするとうまくコピーする事が出来なくなってしまいます。
専門の用紙に合ったインクを使用することもポイントです。
印刷用紙には普通紙と光沢紙の2種類あります。
普通紙に印刷をする場合は顔料インクが相性よく使えます。
発色が良くてくっきり印刷できるため、文字印刷やビジネス文書に適しています。
光沢紙を使用する場合は染料インクが合っています。
写真印刷を行う際などに使用するときれいに仕上がります。
それぞれの特徴に合わせたプリントアウトを心がけましょう。