インクジェットの情報が満載!

大判の透明フィルムにもインクジェット印刷は可能?

大判の透明フィルムにもインクジェット印刷は可能? ネット通販のプリントサービスでは、最新のレーザーカット機が導入されています。
従来のレーザーカット機と比べて、処理能力や切断速度が格段に向上しているわけです。
アクリルなどの透明フィルムにも、デザイン通りにカットすることが出来ます。
ボードカッターはアルミ複合板やアクリル板の切断に不可欠の切断機で、大型サイズの切断から大量注文の短期切断に威力を発揮します。
実績のあるプリントサービスは自社で一貫製造するので、制作から加工まで責任を持って手がけています。
それによって出力までの時間を大幅に短縮でき、コストも削減できるわけです。
実績のあるインクジェットプリントサービスには、経験豊富なスタッフが多数在籍しており、デザイン歴が10年以上の有名デザイナーもいたりします。
顧客からの依頼に対しては、熟練スタッフが詳しくヒアリングを行い、要望にそった製品や素材の提案に繋げます。
デザインに関しては、担当デザイナーが対応するので、ユーザーのイメージを具現化できるわけです。
さらにイメージを基に一歩踏み込んだデザインも提案できるので、想像以上の製品にすることができると言えます。
最新の印刷機に加えて、スタッフの高いスキルがあるからこそ、信頼性の高い大判インクジェットプリントを提供できるわけです。

大判の和紙にもインクジェット印刷は可能?

大判の和紙にもインクジェット印刷は可能? 和紙は楮や三椏を原材料とする日本伝統の紙で、インクジェットプリンター出力に対応してはがきサイズからロール紙まで様々な大きさが用意されています。
近年この紙を好んで使用する写真愛好家やプロの写真家が多く、目にする機会も増えました。
特に商店や写真展で壁に飾られた一畳分もあるプリントには目を魅かれます。
A3判までは家庭用インクジェットプリンターでも対応できますが、それ以上の大判の和紙にプリントするためには、A0判やロール紙に対応できるプリンターが必要です。
多くは業務用になりますが業務用プリンターは出力サービス会社で借りることもできます。
プリンターの選び方として印刷可能な紙の厚さを確認しておき、もし給紙口が一つの場合は厚手の紙が給紙できないことがあるので試しプリントをしてみます。
もし印刷に滲みや擦れが出たら、ヘッドと紙の間の距離を調整します。
印刷用の和紙は好みの地色でインクジェット用に表面が加工されてにじみが少ないものを選ぶと美しい印刷ができます。
印刷する前に紙の表面を軽く刷毛で払い紙粉や繊維片を取り除き、プリンター側の用紙出力口も刷毛できれいにしておくと、紙詰まりやインク漏れ、にじみもなくスムーズに美しいプリントに仕上がります。

インクジェット関連お勧めリンク

屋外用のインクジェット看板印刷を行っています

インクジェットで大判印刷